2014/04/05

アメリカ3月雇用統計結果(2014年)

3月雇用統計は、寒波の影響がなくなって回復基調が強まるとの思惑から、市場予想上ブレの期待が高まっていました。結果は、

非農業部門雇用者数 +19.2万人(市場予想+20.0万人。前月分は+19.7万人、前々月分は+14.4万人に修正)
失業率 6.7%(市場予想6.6%)

非農業部門雇用者数は、市場予想にわずかに届きませんでしたが、安定した雇用回復の目途といわれる+20万人に近い結果でした。また、前月分、前々月分が上方修正されたことも、雇用回復基調の強まりを感じさせるものでした。ただ、事前予想が強気だった分、ドル円は雇用統計発表後若干値を落としたようです。

非農業部門雇用者数の推移は、


4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
+20.3+19.9+20.1+14.9+20.2+16.4+23.7+27.4+8.4+14.4+19.7+19.2
単位:万人

2月分が上方修正されたために、3月はやや減速ということになりましたが、2月・3月ともに+20万人に近く、まずまずの結果でした。来月になったら、3月分もまた修正されるかもしれませんね。

非農業部門雇用者数の内訳は、

項目1月2月3月
民間合計+16.6+18.8+19.2
製造業+0.8+1.9-0.1
建設業+5.1+1.8+1.9
サービス業小計+10.1+14.8+16.7
卸売業+1.83+1.45+0.71
小売業-2.15-0.19+2.13
輸送業+1.55-0.54+0.79
情報業-0.3-0.8+0.2
金融業-0.1+0.9+0.1
専門職+4.9+8.1+5.7
派遣業+0.76+2.76+2.85
接客業+2.5+2.9+2.9
政府合計-2.2+0.9±0
総計+14.4+19.7+19.2
単位:万人

3月は製造業だけマイナスで、あとは前月以上という結果でした。
回復が広範囲に及んでいるのは好材料ですね。


失業率ですが、前月と同じ6.7%でした。
しかし、労働参加率は前月の63%から63.2%に上昇したそうなので、市場予想の6.6%にはならなかったですがあまり不安視はされていないようです。

失業率の推移は、


4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
7.57.57.57.37.27.27.27.06.76.66.76.7
単位:%

12月以降はあまり大きな変動がないですね。

3月雇用統計は、悪くもなく、かといってすごく良いわけでもないという結果でした。
マーケットでは、FRBが今までのペースで緩和縮小を続けるのに好都合の結果だったという声もあるようです。