2018/07/07

アメリカ6月雇用統計(2018年)は非農業雇用+21.3万人も失業率・平均時給が予想下回る

米6月雇用統計が7月6日に発表されました。

非農業部門雇用者数 +21.3万人(市場予想+19.5万人。前月分は+24.4万人、前々月分は+17.5万人に修正)

失業率 4.0%(市場予想3.8%)


非農業部門雇用者数は、市場予想の+19.5万人を上回り、2か月連続で+20万人を超える好結果でした。

失業率は、市場予想に反して4.0%と前月より0.2ポイントも悪化しましたが、すでに完全雇用に近い状態にあるのと、労働参加率が上昇したことにより悪材料視されてはいないようです。

非農業部門雇用者数の推移は、

米非農業部門雇用者数の推移のグラフ2017年7~2018年6月
7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月
+19.0+22.1+1.4+27.1+21.6+17.5+17.6+32.4+15.5+17.5+24.4+21.3
単位:万人

非農業部門雇用者数の民間の内訳と政府機関合計は、

項目4月5月6月
民間合計+17.4+23.9+20.2
財生産小計+5.2+5.1+5.3
建設業+1.6+2.9+1.3
製造業+2.8+1.9+3.6
サービス業小計+12.2+18.8+14.9
卸売業-0.98+0.57+0.29
小売業-0.24+2.51-2.16
輸送業+0.24+1.76+1.54
情報業+0.3±0.0±0.0
金融業+0.3+1.7+0.8
専門職+5.9+4.3+5.0
派遣業+1.78-0.47+0.93
教育・医療業+3.8+4.0+5.4
接客業+1.4+2.8+2.5
政府合計+0.1+0.5+1.1
総計+17.5+24.4+21.3
単位:万人
※重複やその他等あるので各項目を合計しても総計にはなりません。

建設業は前月より減速しました。
製造業は前月より伸びました。

専門職・派遣業・教育医療業は前月より改善しました。
卸売業・小売業・輸送業・金融業・接客レジャー業は前月より減速しました。
情報業は前月と同値でした。

政府部門は前月より伸びました。


失業率は、前月より0.2ポイント悪化し4.0%になりました。
労働参加率は、前月の62.7%から0.2ポイント上昇し62.9%でした。労働市場へ戻ってきた人が多かったための失業率の悪化ととらえられて、失業率の悪化はそれほど悪材料視されていないようです。

平均賃金は、前月の修正値26.93$から0.2%上昇し、26.98$となりました。市場予想の前月比+0.3%にとどかず、弱い結果でした。

本人の意に反して職探しをあきらめた人や、正規雇用を望みながらパートタイムで働く人を含めたU6失業率は、前月の7.6%から0.2ポイント悪化し7.8%でした。

失業率の推移は

失業率の推移のグラフ2017年7~2018年6月
7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月
4.34.44.24.14.14.14.14.14.13.93.84.0
単位:%

6月雇用統計は、非農業部門雇用者数は市場予想+19.5万人を上回る+21.3万人でしたが、失業率が市場予想3.8%より悪化の4.0%、一番注目されていた平均賃金が市場予想の前月比+0.3%にとどかない+0.2%と、若干弱い結果だったとみる向きが多いようですが、大きく材料視されているようではないようです。

2018/06/02

アメリカ5月雇用統計(2018年)は非農業雇用+22.3万人、失業率3.8%と良好な結果に

米5月雇用統計が6月1日に発表されました。

非農業部門雇用者数 +22.3万人(市場予想+19.0万人。前月分は+15.9万人、前々月分は+15.5万人に修正)

失業率 3.8%(市場予想3.9%)


非農業部門雇用者数は、市場予想を上回る+22.3万人と、+20万人の大台にのせる好結果でした。

失業率も、2000年4月以来の3.8%で、18年ぶりの低水準となる好結果でした。

非農業部門雇用者数の推移は、

米非農業部門雇用者数の推移のグラフ2017年6~2018年5月
6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月
+23.9+19.0+22.1+1.4+27.1+21.6+17.5+17.6+32.4+15.5+15.9+22.3
単位:万人

非農業部門雇用者数の民間の内訳と政府機関合計は、

項目3月4月5月
民間合計+15.3+16.2+21.8
財生産小計+2.6+5.3+4.7
建設業-0.3+2.1+2.5
製造業+2.1+2.5+1.8
サービス業小計+12.7+10.9+17.1
卸売業+0.98-1.14+0.42
小売業+1.14+0.88+3.11
輸送業+1.97+0.16+1.87
情報業+0.6+0.4+0.6
金融業+0.5+0.3+0.8
専門職+4.1+4.3+3.1
派遣業-0.3+0.92-0.78
教育・医療業+2.9+3.3+3.9
接客業+0.2+1.2+2.1
政府合計+0.2-0.3+0.5
総計+15.5+15.9+22.3
単位:万人
※重複やその他等あるので各項目を合計しても総計にはなりません。

建設業は前月より伸びました。
製造業は前月より減速しました。

卸売業・小売業・輸送業・情報業・金融業・教育医療業・接客レジャー業は前月より改善しました。
専門職・派遣業は前月より減速しました。

政府部門はプラス転換しました。


失業率は、2000年4月以来の3.8%となる好結果でした。
労働参加率は、前月の62.8%から0.1ポイント低下し、62.7%でした。

平均賃金は、前月の26.84$から0.3%上昇し、26.92$となりました。市場予想の前月比+0.2%を上回る前月比+0.3%という好結果でした。

本人の意に反して職探しをあきらめた人や、正規雇用を望みながらパートタイムで働く人を含めたU6失業率は、前月の7.8%から0.2ポイント低下し7.6%でした。

失業率の推移は

失業率の推移のグラフ2017年6~2018年5月
6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月
4.34.34.44.24.14.14.14.14.14.13.93.8
単位:%

5月雇用統計は、非農業部門雇用者数が市場予想+19.0万人を上回る+22.3万人、失業率も2000年4月以来の低水準となる3.8%、平均賃金も市場予想の前月比+0.2%を上回る前月比+0.3%と、全般的に好結果でした。マーケットでは、年4回利上げの可能性が上昇したとみる向きが増えたようです。

2018/05/05

アメリカ4月雇用統計(2018年)は平均賃金が減速も6月利上げに支障なしか

米4月雇用統計が5月4日に発表されました。

非農業部門雇用者数 +16.4万人(市場予想+19.3万人。前月分は+13.5万人、前々月分は+32.4万人に修正)

失業率 3.9%(市場予想4.0%)


非農業部門雇用者数は、市場予想+19.3万人を下回る+16.4万人でしたが、すでに完全雇用に近い水準とされる状況では堅調な結果とみられているようです。

失業率は、2000年12月以来の3.9%という非常に低い水準になりました。

非農業部門雇用者数の推移は、

米非農業部門雇用者数の推移のグラフ2017年5~2018年4月
5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月
+15.5+23.9+19.0+22.1+1.4+27.1+21.6+17.5+17.6+32.4+13.5+16.4
単位:万人

非農業部門雇用者数の民間の内訳と政府機関合計は、

項目2月3月4月
民間合計+32.1+13.5+16.8
財生産小計+10.7+2.0+4.9
建設業+6.7-1.0+1.7
製造業+3.1+2.2+2.4
サービス業小計+21.4+11.5+11.9
卸売業+0.34+1.03-0.98
小売業+4.6+0.62+0.18
輸送業+1.78+1.57+0.04
情報業-0.1+0.6+0.7
金融業+2.9+0.4+0.2
専門職+6.1+3.9+5.4
派遣業+2.22-0.21+1.03
教育・医療業+3.2+2.4+3.1
接客業+1.8+0.8+1.8
政府合計+0.3±0.0-0.4
総計+32.4+13.5+16.4
単位:万人
※重複やその他等あるので各項目を合計しても総計にはなりません。

建設業はプラス転換しました。
製造業も前月より改善しました。

情報業・専門職・派遣業・教育医療業・接客レジャー業は前月より改善しました。
卸売業・小売業・輸送業・金融業は前月より減速しました。

政府部門は前月より減速し、マイナス転換しました。


失業率は、2000年12月以来の3.9%という好結果でした。
労働参加率は、前月の62.9%から0.1ポイント低下し、62.8%でした。

平均賃金は、前月の26.80$(修正値)から0.1%上昇し、26.84$となりました。前月の賃金の前月比+0.2%(修正値)から賃金の伸びは減速しました。

本人の意に反して職探しをあきらめた人や、正規雇用を望みながらパートタイムで働く人を含めたU6失業率は、前月の8.0%から0.2ポイント低下し7.8%でした。

失業率の推移は、

失業率の推移のグラフ2017年5~2018年4月
5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月
4.34.34.34.44.24.14.14.14.14.14.13.9
単位:%

4月雇用統計は、非農業部門雇用者数が+16.4万人と市場予想+19.3万人を下回りましたが、失業率は2000年12月以来の低水準となる3.9%となりました。

平均賃金は伸びが鈍化し、前月比+0.1%でしたが、6月FOMCでの利上げ予想には影響ないという見方が多いようです。

2018/04/07

アメリカ3月雇用統計(2018年)は非農業雇用+10.3万人と減速も平均賃金は+0.3%の伸び

米3月雇用統計が4月6日に発表されました。

非農業部門雇用者数 +10.3万人(市場予想+18.5万人。前月分は+32.6万人、前々月分は+17.6万人に修正)

失業率 4.1%(市場予想4.0%)


非農業部門雇用者数は、市場予想+18.5万人を大きく下回る+10.3万人でした。しかし、これは悪天候の影響があったとみる向きが一部にはあるようです。また、すでに完全雇用に近い状態では+10万人程度で十分ともされており、それほど懸念されてはいないようです。

失業率は前月と同じ4.1%という低水準を維持しました。

非農業部門雇用者数の推移は、

米非農業部門雇用者数の推移のグラフ2017年4~2018年3月
4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
+17.5+15.5+23.9+19.0+22.1+1.4+27.1+21.6+17.5+17.6+32.610.3
単位:万人

非農業部門雇用者数の民間の内訳と政府機関合計は、

項目1月2月3月
民間合計+18.8+32.0+10.2
財生産小計+5.5+10.6+1.5
建設業+2.8+6.5-1.5
製造業+2.0+3.2+2.2
サービス業小計+13.3+21.4+8.7
卸売業+0.69+0.71+1.14
小売業+1.19+4.73-0.44
輸送業+1.53+1.80+0.98
情報業-1.6-0.2+0.2
金融業+0.3+3.0+0.2
専門職+3.8+5.5+3.3
派遣業-0.17+2.1-0.06
教育・医療業+5.0+2.8+2.5
接客業+2.1+2.3+0.5
政府合計-1.2+0.6+0.1
総計+17.6+32.6+10.3
単位:万人
※重複やその他等あるので各項目を合計しても総計にはなりません。

建設業は前月の大幅な伸びから一転してマイナス転換しました。
製造業も前月より減速しました。

卸売業・情報業は前月より改善しました。
小売業・輸送業・金融業・専門職・派遣業・教育医療業・接客レジャー業は前月より減速しました。

政府部門は前月より減速しました。


失業率は、前月と同値の4.1%で低水準を維持しました。
労働参加率は、前月の63.0%から0.1ポイント低下し、62.9%でした。

平均賃金は、前月の26.74$(修正値)から0.3%上昇し、26.82$となりました。前年比では+2.7%となりました。前月比は事前予想+0.3%と同じ伸びでしたが、堅調な伸びを示しました。

本人の意に反して職探しをあきらめた人や、正規雇用を望みながらパートタイムで働く人を含めたU6失業率は、前月の8.2%から0.2ポイント低下し8.0%でした。

失業率の推移は、

失業率の推移のグラフ2017年4~2018年3月
4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
4.44.34.34.34.44.24.14.14.14.14.14.1
単位:%

3月雇用統計は、非農業部門雇用者数が市場予想+18.5万人を大きく下回る+10.3万人、失業率も市場予想4.0%より悪い4.1%でしたが、平均賃金が前月比で+0.3%、前年比で+2.7%となるなどまちまちな結果でした。

3月雇用統計を受けて、マーケットでは年3回利上げの確率が若干低下したようです。
一方、パウエルFRB議長は4月6日に、「さらなる段階的な利上げがFRBの目標を推し進めるうえで最善」などとタカ派的な意見を述べ、利上げに意欲的な姿勢をみせたようです。

2018/03/10

アメリカ2月雇用統計(2018年)は非農業雇用+31.3万人と大幅上振れも平均賃金の伸びは減速

米2月雇用統計が3月9日(金)に発表されました。

非農業部門雇用者数 +31.3万人(市場予想+20.5万人。前月分は+23.9万人、前々月分は+17.5万人に修正)

失業率 4.1%(市場予想4.0%)


非農業部門雇用者数は、市場予想+20.5万人を上回る+31.3万人で、2016年7月の+32.5万人以来の大幅な伸びになりました。

失業率は、市場予想4.0%には達しませんでしたが完全雇用に近い水準の4.1%を維持しました。

後述しますが、平均賃金の伸びが市場予想を下回ったために、マーケットの年4回利上げ見通しも若干下がり、株価は上昇したようです。

非農業部門雇用者数の推移は、

米非農業部門雇用者数の推移のグラフ2017年3~2018年2月
3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月
+7.3+17.5+15.5+23.9+19.0+22.1+1.4+27.1+21.6+17.5+23.9+31.3
単位:万人

非農業部門雇用者数の民間の内訳と政府機関合計は、

項目12月1月2月
民間合計+17.4+23.8+28.7
財生産小計+8.2+7.2+10.0
建設業+4.2+4.0+6.1
製造業+3.9+2.5+3.1
サービス業小計+9.2+16.6+18.7
卸売業+0.86+0.85+0.58
小売業-2.59+1.48+5.03
輸送業+0.87+1.18+1.54
情報業-0.4-1.6-1.2
金融業+0.8+0.8+2.8
専門職+3.1+3.3+5.0
派遣業-0.1-0.29+2.65
教育・医療業+3.0+6.3+2.3
接客業+3.1+3.9+1.6
政府合計+0.1+0.1+2.6
総計+17.5+23.9+31.3
単位:万人
※重複やその他等あるので各項目を合計しても総計にはなりません。

建設業は前月より大きく伸びました。
製造業も前月より伸びました。

小売業・輸送業・情報業・金融業・専門職・派遣業は前月より改善しました。
卸売業・教育医療業・接客レジャー業は前月より減速しました。

政府部門は前月より大きく伸びました。


失業率は、前月と同値の4.1%でした。
労働参加率は、前月の62.7%から0.3ポイント上昇し、63.0%でした。

平均賃金は、前月の26.71$(修正値)から0.1%上昇し、26.75$となりました。前年比では+2.6%となりました。前月比では市場予想の+0.2%を下回り、年4回利上げの可能性も若干低下し、それがマーケットでは好感され株価が上昇したようです。

本人の意に反して職探しをあきらめた人や、正規雇用を望みながらパートタイムで働く人を含めたU6失業率は、前月の8.2%と同値でした。

失業率の推移は、

失業率の推移のグラフ2017年3~2018年2月
3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月
4.54.44.34.34.34.44.24.14.14.14.14.1
単位:%

2月雇用統計は、非農業部門雇用者数が市場予想+20.5万人を大幅に上回る+31.3万人、失業率も完全雇用に近い4.1%を維持する好結果でしたが、平均賃金の伸びが市場予想にとどかなかったために年4回利上げ観測が若干後退する結果でした。しかし、3月FOMCでの利上げ確率はあまり後退していない模様で、マーケットでは3月FOMCでの利上げがあるだろうという見方が多いようです。

2018/02/03

アメリカ1月雇用統計(2018年)は非農業雇用+20万人、平均賃金も大幅な伸びで3月利上げに向け堅調な結果に

米1月雇用統計が2月2日に発表されました。

非農業部門雇用者数 +20.0万人(市場予想+18.0万人。前月分は+16.0万人、前々月分は+21.6万人に修正)

失業率 4.1%(市場予想4.1%)


非農業部門雇用者数は、市場予想+18.0万人を上回る+20.0万人と好結果でした。

失業率もほぼ完全雇用に近い水準の4.1%と前月と変わらずでした。

後述しますが、平均賃金の伸びが市場予想よりよかったために、3月利上げ確率が上昇し、ドルは上昇しました(その後、株価下落に伴って円高ドル安傾向に向かいました)。

非農業部門雇用者数の推移は、
(過去データが改訂されたので反映させました)
米非農業部門雇用者数の推移のグラフ2017年2~2018年1月
2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月
+20.0+7.3+17.5+15.5+23.9+19.0+22.1+1.4+27.1+21.6+16.0+20.0
単位:万人

非農業部門雇用者数の民間の内訳と政府機関合計は、

項目11月12月1月
民間合計+21.7+16.6+19.6
財生産小計+7.8+5.5+5.7
建設業+4.2+3.3+3.6
製造業+3.0+2.1+1.5
サービス業小計+13.9+11.1+13.9
卸売業+1.00+1.01+0.98
小売業+2.72-2.56+1.54
輸送業+1.21+1.16+1.11
情報業-0.4-0.1-0.6
金融業+0.9+0.6+0.9
専門職+1.6+2.5+2.3
派遣業+0.71-0.15+0.18
教育・医療業+3.8+3.9+3.8
接客業+2.0+3.7+3.5
政府合計-0.1-0.6+0.4
総計+21.6+16.0+20.0
単位:万人
※重複やその他等あるので各項目を合計しても総計にはなりません。

建設業は前月より伸びました。
製造業は前月より減速しました。

小売業・金融業・派遣業は前月より改善しました。
卸売業・輸送業・情報業・専門職・教育医療業・接客レジャー業は前月より減速しました。

政府部門はプラス転換しました。


失業率は前月と同値の4.1%でした。
労働参加率も、前月と同値の62.7%でした。

平均賃金は、前月の26.65$(修正値)から0.3%上昇し、26.74$となりました。市場予想前月比+0.2%を上回り、前年比では2009年6月以来の+2.9%となる好結果でした。

本人の意に反して職探しをあきらめた人や、正規雇用を望みながらパートタイムで働く人を含めたU6失業率は、前月の8.1%から0.1ポイント悪化し8.2%となりました。

失業率の推移は、

失業率の推移のグラフ2017年2~2018年1月
2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月
4.74.54.44.34.34.34.44.24.14.14.14.1
単位:%


1月雇用統計は、非農業部門雇用者数が市場予想を上回る+20.0万人、失業率も完全雇用に近い4.1%、平均賃金も前年比で+2.9%の伸びと3月利上げ確率が高まる結果でした。マーケットでは、年4回の利上げの可能性も出てきたという見方も一部ではあるようです。

2018/01/06

アメリカ12月雇用統計(2017年)は非農業雇用+14.8万人と予想下回るも平均賃金は+0.3%と予想通りの結果に

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、新年早々ですが
米12月雇用統計が1月5日に発表されました。

非農業部門雇用者数 +14.8万人(市場予想+19.0万人。前月分は+25.2万人、前々月分は+21.1万人に修正)

失業率 4.1%(市場予想4.1%)


非農業部門雇用者数は、市場予想+19.0万人を下回る+14.8万人でしたが、すでに完全雇用に近い状態にあるためマーケットではあまり材料視されず、むしろ緩やかなペースでの利上げにつながるとして株価は上昇したようです。

一方、平均賃金が市場予想通り+0.3%の上昇だったことを好感した向きがマーケットでは多いようです。

非農業部門雇用者数の推移は、

米非農業部門雇用者数の推移のグラフ2017年1~2017年12月
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
+21.6+23.2+5.0+20.7+14.5+21.0+13.8+20.8+3.8+21.1+25.2+14.8
単位:万人

非農業部門雇用者数の民間の内訳と政府機関合計は、

項目10月11月12月
民間合計+22.0+23.9+14.6
財生産小計+3.8+6.3+5.5
建設業+1.5+2.7+3.0
製造業+2.3+3.1+2.5
サービス業小計+18.4+17.6+9.1
卸売業+0.68+0.59+0.98
小売業-2.01+2.64-2.03
輸送業+0.37+1.11+0.18
情報業-0.1+0.1+0.7
金融業+0.8+0.7+0.6
専門職+4.7+4.9+1.9
派遣業+1.43+1.69+0.70
教育・医療業+1.7+5.0+2.8
接客業+10.4+1.7+2.9
政府合計-1.1+1.3+0.2
総計+21.1+25.2+14.8
単位:万人
※重複やその他等あるので各項目を合計しても総計にはなりません。

建設業は前月より伸びました。
製造業は前月より減速しました。

卸売業・情報業・接客レジャー業は前月より伸びました。
小売業・輸送業・金融業・専門職・派遣業・教育医療業は前月より減速しました。

政府部門は前月より減速しました。


失業率は前月と同値の4.1%でした。
労働参加率も、前月と同値の62.7%でした。

平均賃金は、前月の26.54$(修正値)から0.3%上昇し、26.63$となりました。市場予想+0.3%と同値でした。

本人の意に反して職探しをあきらめた人や、正規雇用を望みながらパートタイムで働く人を含めたU6失業率は、前月の8.0%から0.1ポイント悪化し8.1%となりました。

失業率の推移は、

失業率の推移のグラフ2017年1~2017年12月
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
4.84.74.54.44.34.34.34.44.24.14.14.1
単位:%


12月雇用統計は、非農業部門雇用者数が市場予想を下回る+14.8万人でしたが、注目されている平均賃金の伸びが市場予想通りだったことでまずまずの結果でした。